--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.10.0813:12

蓄電しましょうよ

太陽光事業 専門16社で取扱高倍増
2014年10月7日琉球新報

東京商工リサーチ沖縄支店は6日までに、太陽光発電施工業者の動向をまとめた。太陽光発電システムの販売・施工業者で取扱高が把握できた36社中、16社が専門業者。専門業者の総売上高は前年度の約2倍の158億4315万円で、最も伸び率の高い業者は24倍の9億6991万円だった。一方、沖縄電力が8月上旬の受け付け分から太陽光の接続を中断していることについて、東京商工リサーチは「専門業者は再編や業種転換を余儀なくされる」と分析している。
 2013年6月期~14年5月期の売上高で分析した。専門16社のうち設立5年以内が半数を占め、10年未満は10社に上る。別事業から太陽光に新規参入した業者も少なくない。
 専門16社の太陽光事業部門の総取扱高(工事高を含む)は155億7593万円で、全売上高の98・3%を占める。そのうちトップ業者は59億6501万円、2番目が24億2053万円、3番目が22億7716万円と上位3社が突出した。最少は4465万円。
 16社の太陽光電気設備工事の年間受注件数は最も多い業者で442件。この業者の1件当たりの受注単価は515万円だった。16社の従業員は合計381人で、最も多い業者で99人。兼業も含めた36社の全売上高は870億1035万円。そのうち太陽光事業部門の総取扱高は191億8623万円で、全体の22・1%を占める。
 沖縄電力が太陽光接続を中断した影響について東京商工リサーチは「この期が売り上げのピークとなるだろう。今後の展開として海外向けの準備を進めるなどの対策を取るところも出ている」と分析。「消費者の一番の不安は、企業が消滅せずにメンテナンスや保証ができる体制を維持してくれるのかということ。金融機関は太陽光も一過性のものとみていて、それを見越した融資をしているとみられる」と説明した。

ソース
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-232699-storytopic-4.html

買い取らないなら蓄電しましょうw
廃バッテリー何個も集めてw
太陽光パネル12vだから、家の中カーアクセサリ家電使えばいいし
オレもやりたいと思ってますよw
たしか太陽光だけでこの夏クーラーかけてた人もいたらしいよw
独占企業はほんとダメだねw電力自由化しましょうよ♪

ってことで..
たまーに肉食いたくなりますね肉w
どうせたまに食べるなら旨い肉を食べたいものですw

但馬牛・三田和牛専門店ミートマイチクでは、
200商品以上の品ぞろえのある専門ショップです。
まずはサイトをクリック↓美味そう♪




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オススメ♪

オススメ☆彡

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。